薄毛の原因のジヒドロテストステロン(DHT)とはなにか?

薄毛の原因のジヒドロテストステロン(DHT)とはなにか?

今だけ全額返金保証付きのチャップアップ

\AGA治療前に試すべき価値ある最強育毛剤!/

↓↓私が使っている育毛剤はこれです!!↓↓

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ



・強力な脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)により過剰な皮脂の分泌で毛穴をふさいでしまいます。

脱毛のほとんどの原因と言われている男性型脱毛症(AGA)ですが、加齢による皮膚の老化によって引き起こされると言われています。基本的には加齢による皮膚の老化によって引き起こされると言われています。

しかし最近の生活習慣の乱れや偏った食事、睡眠不足や多大な仕事の負荷によるストレスで年齢の若い方でも徐々に体が不摂生のために頭皮が老化して年齢の若い方でもAGAが原因で薄毛や抜け毛になるかたが増えてきています。

AGAの症状は毛根が次第に小さくなっていき短い毛髪で抜け落ちるようになっていいます。その結果太い髪が徐々に減っていきうぶ毛のようなハリやコシのない頭髪になっていくのです。

ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」とあるのですが、この「成長期」の期間が短くなっていき逆に「休止期」にあたる期間が長くなっていきます。

AGA(男性型脱毛症)の殆どの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの過剰な分泌が原因です。この男性ホルモンは皮脂腺にあるアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体と結びつくことで、必要以上の過剰な皮脂分泌をさせて頭皮の毛穴をふさいでしまうのです。

毎日、朝の髪のセットや夕方にセットした髪がすぐにぺったんとなってしまうのは、このジヒドロテストステロン(DHT)の過剰分泌が原因です。

DHTは毛乳頭などに影響を及ぼしてしまうのでヘアサイクルの成長期での本来伸び続ける髪も途中で抜け落ちてしまうのです。薄毛や抜け毛を減らし髪の成長期をもとに戻すためにはDHT(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌を抑えることです。

・DHT(ジヒドロテストステロン)対策が薄毛改善のキーワードです。

薄毛になる原因であるDHTの分泌を抑えることができるようになれば薄毛や抜け毛は改善可能です。専門の医師によるAGAの治療クリニックがテレビなどのメディアで宣伝されてきていますが、これらのクリニックで行われる治療はDHTの発生を抑制することを目的とした治療です。

主に5αリダクターゼという脱毛ホルモンの発生に大きくかかわる成分を抑える役割をもつプロペシアという飲み薬によってジヒドロテストステロンの発生を抑ええる効果があるのです。

・DHTの発生と抜け毛の関係とは?

人はテストステロンという男性ホルモンが存在しており、主に男性の睾丸で作られる成長ホルモンです。男性だけでなく女性も少量ですが分泌されています。

テストステロンは加齢により徐々に減っていくホルモンでこれが減っていくと筋肉量が減ったり精力が衰えてきたりします。

ジヒドロテストステロン(DHT)はこのテストステロンと5αリダクターゼが結びつくと変化するものですが、このジヒドロテストステロンが最終的に毛乳頭にある男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターと反応すると髪が抜けてしまうのです。

結論として抜け毛の原因であるDHTを抑制させるためにはテストステロンを抑えるのでなく、5αリダクターゼを抑制させることが重要になっていきます。

このような対策を行っているのがAGA治療専門のクリニックです。

ただしこのAGAクリニックで処方されるプロペシアやミノキシジルは発毛効果が臨床試験で証明されていますが同時に人によっては重大な副作用を及ぼす可能性も報告されているので、プロペシアやミノキシジルなどの飲み薬を服用するときはかならず専門のクリニックで処方されることをおすすめします。

近年の育毛剤にはこうした5αリダクターゼの発生を抑える成分が含まれているものが多くしかもプロペシアやミノキシジルのように副作用の心配がないので安心して使うことができます。